Jun's blog

仕事や趣味について綴ります

【読了】 スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

www.amazon.co.jp

タイトル通りスクラム本を読んだ。 この本は会社の先輩にスクラムについて勉強したいと相談したところ薦められた本だ。

著者がスクラムの提唱者であるだけにスクラムの概念について深く学べる。

今の会社は開発にスクラムを導入していて、スタンドアップミーティングやタスクボードによる進捗共有などを実際に行っているが、 プロダクトオーナー、スクラムマスターの役割など、これまでなんとなくの知識だった部分がこの本のおかげで明確になったように思う。

ただし、スクラムはあくまで「限られた時間を有効活用し、価値を最大にするフレームワーク」であり、「スクラムだから〜しなければいけない」といった、考え方を1つに固定させる、あるいは縛りつけるような 使い方は本末転倒だと思った。

【Windows 10アプリ】Hello worldアプリを作ってみる

最初のアプリ

前回まででWindows 10アプリを開発する環境が整ったので一番最初のアプリを作ってみたいと思います。 とは言っても一番最初なのでHellow world的なアプリを作ってみます。 Windows デベロッパー センター内に"Hello, world" アプリを作成する (XAML)という記事を見つけたのでやってみました。 TextBoxが1つあり、そこにテキストを入力するとTextBlockに「Hello, {入力した文字列}!」と表示するだけのシンプルなアプリです。

UIの編集

空のプロジェクトを作成するとMainPage.xamlというファイルが作成されます。ここにUI部品を貼り付けていきます。 記事では最終的に下記のような構造となっています。

<Page
    x:Class="HelloWorld.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:local="using:HelloWorld"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d">

    <Grid Background="{ThemeResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
        <VisualStateManager.VisualStateGroups>
            <VisualStateGroup>
                <VisualState x:Name="wideState">
                    <VisualState.StateTriggers>
                        <AdaptiveTrigger MinWindowWidth="641" />
                    </VisualState.StateTriggers>
                </VisualState>
                <VisualState x:Name="narrowState">
                    <VisualState.StateTriggers>
                        <AdaptiveTrigger MinWindowWidth="0" />
                    </VisualState.StateTriggers>
                    <VisualState.Setters>
                        <Setter Target="inputPanel.Orientation" Value="Vertical"/>
                        <Setter Target="inputButton.Margin" Value="0,4,0,0"/>
                    </VisualState.Setters>
                </VisualState>
            </VisualStateGroup>
        </VisualStateManager.VisualStateGroups>
        <StackPanel x:Name="contentPanel" Margin="8,32,0,0">
            <TextBlock Text="Hello, world!" Margin="0,0,0,40"/>
            <TextBlock Text="What's your name?"/>
            <StackPanel x:Name="inputPanel" Orientation="Horizontal" Margin="0,20,0,20">
                <TextBox x:Name="nameInput" Width="280" HorizontalAlignment="Left"/>
                <Button x:Name="inputButton" Content="Say &quot;Hello&quot;" Click="Button_Click"/>
            </StackPanel>
            <TextBlock x:Name="greetingOutput"/>
        </StackPanel>
    </Grid>
</Page>

この中で重要なところはVisualStateManagerを使用して見た目を変更していることでしょうか。 ウィンドウ幅が641px以上の場合は特に見た目を変更しません。 StackPanelタグ内に記述した通りに表示されます。 一方、ウィンドウ幅が0px以上640px以下の場合はinputPanelというStackPanelのOrientationプロパティをVerticalにし、ボタンの上マージンを設定しています。

ボタンクリック時のイベントを実装

見た目ができたので後はボタンがクリックされた時の処理を記述します。 inputButtonのプロパティウィンドウのClickイベントハンドラーに「Button_Click」と入力してEnterキーを押すとMainPage.xaml.csファイルに 空のButton_Clickメソッドが追加されるのでその中に処理を記述します。 最終的に下記のような実装となりました。

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    greetingOutput.Text = "Hello, " + nameInput.Text + "!";
}

TextBoxに入力された文字列を使って文字列を整形し、TextBlockに表示しているだけですね。

エミュレータで動かしてみる

アプリが出来たのでモバイエミュレータで動かしてみましょう。 6インチのエミュレータで動かしてみます。

縦表示

縦表示だとTextBlockがTextBoxの下に配置されています。 f:id:katoj:20151214002205p:plain

横表示

横表示だとTextBlockはTextBoxの右に表示されています。 ちゃんとVisualStateManagerによる見た目の変更が効いていることがわかります。 f:id:katoj:20151214002219p:plain

まとめ

今回は最初のアプリとしてすごくシンプルなアプリを作ってみました。 実際にコーディングしたロジックがエミュレータや実機上で動くのを見ると楽しいですね!

今回は以上っす。

【Windows 10アプリ開発環境構築】 Visual Studioをインストール

はじめに

前回MacParallelsをインストールしてWindows 10の仮想マシンを作成しました。 今回はWindows 10にVisual Studioをインストールします。

Visual Studioのエディション

Visual Studio(以下、VS)には幾つかのエディションがあります。 今回は無料のVisual Studio Community(以下、VSC)をインストールしましょう。 VSCはこちらからダウンロードできます。

言語で日本語、形式はWebインストーラーを選択し、「ダウンロード」をクリックします。 f:id:katoj:20151206223927p:plain

「vs_community_JPN.exe」がダウンロードされるのでダブルクリックします。 f:id:katoj:20151206224025p:plain

セキュリティ警告が出ますが「実行」をクリックします。 f:id:katoj:20151206225820p:plain

インストールの種類で「カスタム」を選択して「次へ」をクリックします。 f:id:katoj:20151206224142p:plain

「ユニバーサル Windows アプリ開発ツール」を選択して「次へ」をクリックします。 f:id:katoj:20151206224209p:plain

「インストール」をクリックします。 f:id:katoj:20151206224308p:plain

ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので「はい」をクリックします。 f:id:katoj:20151206224320p:plain

インストールが始まります。しばらく時間がかかります... f:id:katoj:20151206224331p:plain

インストールが完了しました!マシンを再起動しましょう。 f:id:katoj:20151206234807p:plain

まとめ

これでWindows 10アプリを開発する環境が整いました! Visual Studioのインストールは少々時間がかかりますがじっと待ちましょう。

参考

【Windows 10アプリ開発環境構築】 Mac上にWindows 10環境を準備する

はじめに

普段はMacを使っていますがKATANA 01を購入したこともあり、Windows 10アプリの開発環境を構築してみようと思います。

現在の開発環境

Macのスペックはこんな感じです。

仮想化ソフトウェアのインストール

まずはMac上でWindowsを動かすために仮想化ソフトウェアをインストールします。 仮想化ソフトウェアは幾つかありますが、今回は評判の良いParallelsのトライアル版を使ってみます。 良さそうだったら購入しよう(๑•̀ㅂ•́)و✧ こちらからParallels Desktop 11 for Macのトライアル版をダウンロードします。

メールアドレスを入力して、「ダウンロードに進む」をクリックします。 f:id:katoj:20151206204415p:plain

「ダウンロード」をクリックします。 f:id:katoj:20151206204747p:plain

dmgファイルがダウンロードされるのでダブルクリックします。 f:id:katoj:20151206205041p:plain

使用許諾契約に同意します。 f:id:katoj:20151206205216p:plain

インストールをクリックします。 f:id:katoj:20151206205352p:plain

管理者名とパスワードを入力します。 f:id:katoj:20151206205437p:plain

カスタマエクスペリエスプログラムでは「いいえ」を選択しました。 f:id:katoj:20151206205507p:plain

サインイン画面が表示されます。今回はFacebookでサインインしました。 f:id:katoj:20151206205613p:plain

「 14日間の無償トライアル」をクリックします。 f:id:katoj:20151206210121p:plain

「Standardのトライアル」をクリックします。 f:id:katoj:20151206210447p:plain

Windows 10の購入〜仮想マシンの作成

ParallelsがインストールできたのでここからWindows 10を用意して仮想マシンを作成します。 今回はWindows 10 Proのダウンロード版を購入します。 購入作業はParallelsのウィザードからシームレスに行えます。

「MicsosoftからWindows 10を入手」をクリックします。 f:id:katoj:20151206210536p:plain

Windows 10 Proを購入」をクリックします。 f:id:katoj:20151206210633p:plain

Microsoftストアが開くので「ログインして購入」をクリックします。 f:id:katoj:20151206210753p:plain

購入完了。「ダウンロード」をクリックします。 f:id:katoj:20151206211236j:plain

エディションで「Windows 10」を選択します。KNやNなどのエディションについてはこちらの記事を参照してください。 f:id:katoj:20151206211413p:plain f:id:katoj:20151206211459p:plain

「64-bit のダウンロード」をクリックします。 f:id:katoj:20151206211823p:plain

isoファイルがダウンロードされます。 f:id:katoj:20151206212131p:plain

Parallelsのウィザードに戻ってダウンロードしたisoファイルをドラッグアンドドロップして続行をクリックします。 f:id:katoj:20151206212205p:plain

購入完了画面もしくは購入完了時に送られてくるメールにあるプロダクトキーを入力して続行をクリックします。 f:id:katoj:20151206212351j:plain

Windows の主な用途」では「業務用ツール」を選択しました。 f:id:katoj:20151206212524p:plain

「名前と場所」はデフォルトのまま続行をクリックします。 f:id:katoj:20151206212711j:plain

仮想マシンの作成が始まります。 f:id:katoj:20151206212800p:plain f:id:katoj:20151206212828p:plain

Windowsがインストールされます。 f:id:katoj:20151206212906p:plain f:id:katoj:20151206212926p:plain

あと一歩です! f:id:katoj:20151206212944p:plain

インストールが完了しました!! f:id:katoj:20151206213006p:plain f:id:katoj:20151206213159j:plain

まとめ

Parallelsのウィザードに従って進めていけばスムーズにWindows 10環境を構築することができました。 次回はVisual Studioをインストールしたいと思います。

参考

KATANA 01が届いた!

はじめに

注文しておいたFREETELのKATANA 01が届いたので早速開封してみました。

パッケージ

側面はこんな感じでシンプルでいいですね。 ちゃんとWindows 10のロゴも入っています。 f:id:katoj:20151201164136j:plain

正面はこんな感じ。 f:id:katoj:20151201164306j:plain

裏蓋

背面のフタは本体と別の形で入っていました。 f:id:katoj:20151201164510j:plain

スタートアップガイド

紙が1枚入っていました。 こちらはSIMカードの挿し方などが載っていました。 f:id:katoj:20151201164610j:plain

背面

KATANA 01はデュアルSIMなのでSIMの挿し口が2つあります。 ただしSIM2は2G専用なので海外用となります。 今回はしばらくWi-Fi運用を想定しているのでSIMは差しません。 f:id:katoj:20151201164806j:plain

起動していくつかアプリを入れてみた

起動してストアからTwitterなどのアプリをいくつか入れてみました。 f:id:katoj:20151201165339j:plain

初めてのWindows Phoneなのでこれから色々触ってみたいと思います。

AWS 認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト (ASA) に合格しました

タイトル通りAWS 認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト (ASA) に合格しました。

aws.amazon.com

クラウド分野の試験は初めてでしたが無事に合格できて良かったです。 試験内容は秘密保持義務があるため明かせませんが、 試験ガイドにある内容を勉強すれば合格できると思います。

転職して1ヶ月経ちました

気がついたら転職してから1ヶ月が経ちました。 ここでこの1ヶ月を振り返ってみます。

※前職との比較はしません。なぜなら会社の規模も文化も違うため比較することに意味がないからです。 ここではあくまで今の会社について言及します。

仕事

10月からクラスメソッドで働いています。 現在は主にリリースしたiPhoneアプリの改修をやっています。 あとは会社の文化でもあるブログを書いたり、勉強会に参加したりです。 仕事で使うツール(CharWork、Slack、Backlog、Goole Appsなどなど)がたくさんあるので最初は覚えるのが大変でしたが徐々に慣れてきました。 慣れって恐ろしいですね。

ブログ

多い人は月に数十本とか書いてます。 私はそこまでではないですが書ける時に書いていこうと思います。 内容は自分が業務を通じて身につけたノウハウでも、趣味で勉強したことでもいいんです。

勉強会

クラスメソッドは積極的に各種勉強会(iOSAndroidAWSなどなど)をやっています。 主催の場合もあれば他社と合同の場合もあります。 いずれにしても勉強会は自分にとっても刺激になるので楽しいです。

会社の雰囲気

会社の雰囲気は実際にその会社で働いてみないとわからない部分だと思いますし、 人によって受け取り方も違うと思うのであくまで私の感想ですが、クラスメソッドの会社の雰囲気はすごく良いです。 わからないことは聞けば誰かが相談に乗ってくれますし、「自分はこれがやりたいです!」と言いたいことは主張できる環境があります。 人間関係も非常にフラットです。 なのでそういうのを望んでる人にとっては最高の環境だと思います。

今後について

引き続きiPhoneアプリの仕事をしていきます。 もちろんブログも書いていきます。 いつか(近いうち?)勉強会でも登壇しなきゃと思います。

最後に

そんなクラスメソッドですがまだまだ人が不足していて積極採用中です! こちらから応募してみてはいかがでしょうか?

よろしくお願いします。